ホタテの上手なむき方

★用意するもの
・活ほたて貝
・むきヘラ(当店の活ほたてにセットで入ってます)
・軍手やタオル(貝で手を切ったりしないように)


1.むきヘラで貝をはずす

むきヘラで貝をはずす

ほたて貝の平らな方を下にして持ちます。
貝の隙間にむきヘラを入れ、貝の底に沿うように動かすと、貝柱が貝から離れ、自然に貝が開きます。


ワンポイントアドバイス!
ちゃんと貝柱を離してから貝をはずしませんと貝柱の形が崩れてしましますので、貝柱が貝から離れたことを確認して下さい。


2.ウロを取り除きます

ウロを取り除きます

貝が開いたら、ウロの部分をつまみ、手前側に引きます。
そうすると貝柱だけを残してヒモや卵なども一緒にはずれます。


ワンポイントアドバイス!
貝から貝柱を完全に離してしまった場合、ウロと分けるのがちょっと面倒になってしまいます。
上記の方法で取り除くのが一番カンタンです!


3.貝柱を取り出します

貝柱を取り出します

残った貝柱の下にむきヘラを入れ、貝に沿って動かし貝柱を離します。
離しましたら貝柱の側面に鰓(エラ)などが残っていないかを確認します。
残っているようでしたらタオルなどで取り除いておきます。


4.ヒモも下ごしらえをします

ヒモも下ごしらえをします

ウロや鰓からヒモを切り離します。
ヒモは開いて包丁の背、または塩もみをしてヌメリと黒い汚れを取り、食べやすい大きさに切ります。
ほたて卵も余分な鰓などがついていたら取り外します。
そして、軽く水洗いします。


ワンポイントアドバイス!
水洗いは軽く!あまり水洗いしすぎるとほたての風味が流れてしまします。


上手にむけたら、次は ほたてレシピにチャレンジ!

商品検索